飛行機の乗り方

 
まだ高校生ぐらいですので、初めて飛行機に乗る方が多いと思います。

そこで今回は飛行機の乗り方についてお話をします。

飛行機のチケット

飛行機のチケットにはいろんな購入方法があります。
通常ネットで購入する事がほとんどだと思いますので、ネットでの購入を中心にお話をしていきます。

チケットには、片道と往復があります。

通常ですと片道の方が安いはずなのですが、往復でツアーを組んでいた場合に乗客が集まらず余ったチケットをさばくために安く販売している場合があります。

その場合ですと、複路の部分を捨てて往路の部分だけ使用する事で安くチケットを手に入れる事が出来ます。

このあたりはその時の運もございますので、ご自分でお調べになって下さい。

私のオススメは楽天トラベルです。

ネットでチケットを買いますと、チケットを空港カウンターで交換する用紙を発行してもらえますので、渡航時には忘れないように持って行きましょう。
※実際に空港に行きますと、パスポートと名前を言うだけで航空チケットを発行してくれますので、この用紙は何かトラブルが合った時にのみ必要になります。

手荷物

2015-4-10現在の飛行機への荷物の積み込み無料部分は、
機内持ち込み手荷物
・手荷物
23 cm x 40 cm x 55 cm
キャスターとハンドル部分もサイズに含みます。
10 kg
・身の回り品
16 cm x 33 cm x 43 cm
10kg

受託手荷物
手荷物1個あたりの最大サイズ: 158 cm
手荷物1個あたりの最大重量: 23kg
2個目まで無料

だいたい1回のフライトで持ち込める荷物は、大きい荷物が2点と小さい荷物が2点と覚えておきましょう!

それそれの飛行機のカウンターに行って、チェックインするときに同時に受託手荷物を預けます。

機内持ち込み手荷物はチケットを持って実際に搭乗ゲートで再度チェックされて機内に持ち込めるようになります。
※ペットボトルなどの水分が一切認められませんので、搭乗前に飲んでしまうか捨てましょう。

この通常ゲートは、出発時間の40分前に閉まってしまいますので、十分に余裕の時間が必要です。

後は時間になるまで自分搭乗番号の搭乗口で待っていて、時間が来たら飛行機に乗り込みます。

日本からカナダですと約10時間で着きますので、飛行機を降りてすぐに入国管理局場所(Immigration office)で就学ビザの交付を受ければいけません。

同オフィスの場所が分からない場合、近辺にいる空港スタッフに以下のようにご質問ください。

「I need a study permit. Where is the immigration office?」

だいたい以上で飛行機の乗り方になります。

 
トップへ戻る